2005年12月05日

051205 品川宿

雲がなかった。
鮫洲で免許の更新をしたついでに、旧東海道を下り泉岳寺まで歩く。

 品川宿は目黒川を境に南北に分かれる。現在の品川駅は港区のはずれにあり、品川の宿からみれば北のはずれもいいところで宿場とはまったく別の土地にあたる。品川駅の南側に北品川があるのは妙な感じもするが、鉄道の品川駅が新参なのだから仕方がない。

 品川宿あたりの旧東海道をたどれば百年前の一級国道はこの道幅だったのかとよくわかる景色が続く。さすがに明治期の建物はほとんど残っていないが、そこここに残る道祖神や馬頭観音が往時を偲ばせる。品川寺(ほんせんじ)のイチョウは六百年の樹齢だそうだが、本当だとすると品川の宿場が整備される前からそびえていることになる。今も梢から銀杏を降らせているのは見事というほかない。

 江戸へ向け下っていくと、道の左手には数え切れないほどの寺社が並ぶのに対し、右手にそれらは皆目見当たらず、路地を数軒入った先にはいかにも古いといった風情の建物はない。それもそのはず、このあたりの東海道は元もと海岸に沿うように走っており、なるほどよく見ると路地裏にはとぎれとぎれに元は海岸だったのであろう名残の石垣が残っている。現在の海岸は近いところでも1キロは東にある。

 その名も「臨海山 法禅寺」は北品川宿にある寺だが、境内にある塚は天保の飢饉で農村を離れた窮民が江戸に流入しようとするも品川宿で多数行き倒れたため、その人々を葬ったもの。その折品川の宿で果てた人の数は九百近いという。仮に江戸市中までたどり着いたとて、その後暮らしていくことができたかはわからぬ。が、残すところ日本橋までわずかに二里。ここはまだ江戸ではない。塚の周囲に無念の気か、えもいわれぬ雰囲気がいまだ漂う。

 現在の国道15号・第一京浜と旧道が交わるところが八ツ山橋。橋からは下に山手線や東海道本線をはじめとする各線の行き交うのが見え、目を上ぐれば台車に赤錆の浮いた京急電車が眼前を過ぎる。鉄道好きにはさぞやたまらない場所だろう。そこで旧東海道は面影を消す。現在の品川駅は十年ほど前まで東口にあった瓦葺の駅舎が消えてから、なんの変哲もない駅となってしまった。

投稿者 uga : 2005年12月05日 23:49
コメント

そんな何の変哲も無くなってしまった品川駅東口と反対に位置する港南口、ここもまたここ五年ほどで一気に高層ビルがそびえ立つ、近代化著しい空間になってしまった。

かつてのうすら寂しく、あまり人気の無かった場所はどこへ行ってしまったのだろうか・・・

狭い空間にひしめく飲屋街が完全に裏側へと追いやられてしまったのも、また寂しいものである。

この港南口はかつては厄介な出口であった。長い跨線橋と地下道のダブルコンボ構成で、駅から出るのに、どれほど歩いただろう、しかもその地下道は毎年台風などで浸水し、港南口側には出られない事すらあったほど、それも今は昔。

結局、なんの変哲も無い事に変わりはないのである。

今回の話はここらあたりで終わりにする、少し歩き疲れたようだ。

次回は東海道五十三次、二番目の宿である川崎宿について話す予定。
(え?本当に??)

Posted by: ucga : 2005年12月06日 03:12

鉄道好きキター!(爆

そうだ、東口じゃなくて港南口、だったね、あのうらぶれた駅舎。
その港南口からこれまたうらぶれた飲み屋街を抜けて芝浦と場まで何度か足を運んでいたころ、あの駅の地下道は通るたびになんともいえない気分を味わったものです。

なんかね、そういう「気」みたいなもんを感じるところが少なくなってきたのが寂しいんだよね。

Posted by: 宇賀 : 2005年12月06日 11:06

数年前、討ち入りの日に泉岳寺に行った時、土産屋で四十七士の田宮製フィギュアが売っていて、思わず買ってしまいました。同じ兵士でも、ドイツ兵なんかより着物の塗装がむづかった。

それにしてもここ数年の港南口の変貌ぶりには、いつも驚かされます。今でこそ高層ビルの建ち並ぶJR品川駅港南口南側の広大な土地ですが、かつてはこれまたみごとに何もない更地で、(その前は何だったのだろうか?)サーカスやら展示会やら様々なイベントをやっていたのを覚えています。その頃はまだ、天井の低い、緑色の床の、なが〜い連絡通路だったんだなぁ。

思わず書き込んでしまいましたが、結構前から宇賀さんのエッセイのファンです。

Posted by: Noguchi : 2005年12月06日 19:33

>ノグッチャン

 これはこれは楽水橋を渡る会の方にお越しいただきうれしゅうございます! なんとなくわたしと同じニオイがしますぞ。赤穂浪士といい1/35のフィギアといい見逃せないアイテムですなぁ。

 あのあたり、空がどんどん狭くなってきた今となっては芝浦の汚水処理場さえ貴重な空間と思えます。
 そういえば泉岳寺の少し北側に、国道15号から汚水処理場の北側に抜ける軌道下の全長200mくらいの地下道がありますが、あそこはツブれてほしくない名所です。でもそこらに山手線の新駅ができるという話もあり、くぐるならいまのうちかもしれません。

 あ、ファンだなんて(照 もっと言ってください。おだてると更新頻度上がったりします(爆

Posted by: 宇賀 : 2005年12月07日 13:54

鮫洲にオートバイの免許をとりにいったのが いまから 34年まえw。そのころからの謎 なんで しながわ 北品川 南品川(いまはないw)なんだろう?って おかげさまで 胸のつかえが とれました。
つぎは 川崎の小料理の謎?それとも 池袋の 東口に西部が あって 西口に東部が あるってことかな? たのしみに しておりますわ。

Posted by: 蔦家 : 2005年12月07日 22:13

気が漂う、注意すると街中にも「気」といったものが生きられた名残のある場所は見つかるが、どんどん少なくなるのであろうな。子供の頃は都会の住宅街も夜はもっと暗くてなんとなく怖いものだったが、、、漱石の夢十夜の運慶の話ではないがそのときそのときの「現代」は昔の気の生き難いものであるらしい。明日から八ヶ岳です。やぼ用で今夜は眠れぬ気配ながら宇賀さんの分まで楽しんで参ります。ところで14年式の弾は8mmなんですな。明日「ヤマモト」で買っていかなくちゃ。 

Posted by: wawa : 2005年12月08日 23:32

>つたやさん
 川崎の話はucgaの希望というか妄想というか(笑
 でも川崎宿もかすかな名残はあって楽しいね。
 小料理は昔で言えば飯盛りなんだろうけど、風流もへったくれもないからなぁ。
 歩くだけなら行ってもいいけどね…
 胸のつかえがとれたら今度は腰のつかえですか(爆

>わわさん
 ナンブといえばオマワリサン用も有名だけど南部中将は戦後になって設計したのかな?
 8mm、楽しそうですなぁ。初速遅そうだけど。
 今朝、キッシーさんにプレゼント託させていただきました。物品のみ参加ね。わわさんに当たるとウケるかもしれない。

 本題ですが(笑
 「気」を感じさせる場は京都でも減ってるのかもしれないね。日ノ岡のあたりとか、以前のような背筋に感じるようなものが減ってる気がする。もっともわたしが鈍感になってるのもあるんだろうけど。
 建物とか構造物にはそれを作った人や使ってきた人たちの垢のようなものがしみ込んでいて、そういうのが怪しい雰囲気を作り上げているんだろうと勝手に理解してるんですが。それこそ「気のせい」だと言われたらそうかもしれない(笑

Posted by: 宇賀 : 2005年12月09日 14:24

突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!
モンクレール http://www.japan2moncler.com

Posted by: モンクレール : 2013年01月12日 08:02

突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!
MONCLER ダウン http://www.japan2moncler.com

Posted by: MONCLER ダウン : 2013年01月14日 17:13

お世話になります。とても良い記事ですね。
モンクレール http://www.japan2moncler.com

Posted by: モンクレール : 2013年01月16日 01:55

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)
モンクレール ダウン http://www.japan2moncler.com

Posted by: モンクレール ダウン : 2013年01月16日 16:47
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?